VALUES Recruiting Site

「データアナリスト」

特定領域だけでなく、広く世の中の人が
データ活用の恩恵を受ける世界を目指しています。

データアナライズグループ シニアマネジャー和田 尚樹 NAOKI WADA

「データ」と「人」を掛け合わせて価値を出す。
型にはまらず、新しいことにも積極的に取り組んでいく。

ヴァリューズのデータアナリストが所属するソリューション局には大きく2つの役割があります。1つめはフロントに立つマーケティングコンサルタントとチームを組み、クライアントの課題を解決する方法をともに考えること。データアナリストとしてデータベースから必要なデータを適切に抽出し、分析を行うことで貢献します。2つめはヴァリューズ内にあるデータではなく、クライアントからデータを預かって分析し、顧客内のデータ活用を推進するCDM(カスタマーデータマネジメント)事業で、直接クライアントと協働しています。たとえば顧客満足度アンケートのようなデータがあっても、有効に活用できていないケースはよくあります。データがなければできないが、データだけでは何もできない。適切な問題設定をしなければデータから価値を生み出すことはできません。そのときにカギを握るのは「人」の力です。「データ」と「人」の力を掛け合わせることで、価値を出す。そこにヴァリューズの強みがあります。CDMは、クライアント組織内におけるデータ活用を推進することで、人がよりクリエイティブなことに力を使える方向へと貢献する事業を目指しています。

企業内データは利用範囲が広く、関わる職種も増える。
多数の事例に触れることで、捉えられる視界が広がる。

マーケティングは活用範囲がとても広く、民間企業だけでなく地方自治体から相談を受ける機会も増えています。事業戦略や広報戦略に関わることが多く、それだけ関わる職種も増え、幅広く思考することが求められています。たとえば近年では、広島県観光連盟様に対して、データ活用による新たな観光構造の構築に加えて、データ活用を自走できる組織づくりまで踏み込んだサポートをしています。型にはまった手法では、型にはまった提案しかできません。ヴァリューズのデータアナリストの魅力は、非定型のことでもつくっていくことができること。データの集計・加工だけではなく、自分でこれをやると決めて、最初から最後までクライアントに伴走して実行していくこともできる。そこが面白さだと思っています。この仕事で求められるのは、型にはまって考えるのではなく、問題にまっすぐ向き合い、起きている現象を理解して具体的に思考できる人。これまでの経験で必ずしもデータをよく触っていた必要はありません。チャレンジ精神があり、データを扱うことへの好奇心が強い人を求めています。

何事も本気で取り組めば、別の領域でも話が通じる。
それぞれが軸を持ち、共感しあい、お互いを高め合う組織に。

ヴァリューズは案件の数が多く、多数の事例に触れてディスカッションを重ねることで、自然と捉えられる視界が広がっていきます。独自データを持っていることも大きな強み。たとえば会いたい人がいるときに、何もなければ話を聞いてもらえませんが、データがあることでその人に喜ばれる情報も用意できるので会っていただきやすい。ヴァリューズにいることで、やりたいことにどんどん踏み出していくことができる。それは大きなアドバンテージとなります。私自身、型にはまることを好まないタイプ。みんなが同じことをする必要はないと思っています。何事も本気で取り組めば、プロフェッショナルとして別の領域でも話が通じるようになる。だから、それぞれが軸を持ち、興味のあることを突き詰め、結果、共感しあっている組織でありたいと思っています。それぞれの領域で突出する成果を出し、刺激を与え合い、切磋琢磨してみんなで次のレベルを目指している。そんな環境に身を置いて働いてみたいと思う人を待っています。

PROFILE

和田 尚樹
和田 尚樹データアナライズグループ シニアマネジャー
京都大学 情報学研究科博士後期課程単位認定退学。2013年、ヴァリューズに新卒1期生として入社。評価の軸がわかりにくい学問の世界よりも、実業の世界で「自分に何ができるか」を確かめたいと思った。3年間新規営業を経験した後、データ分析組織のマネジャーに。仕事以外でハマっていることは、3Dモデリング(パラメトリックデザイン)と写真制作(暗室+デジタル)。