≫Interview

 
 
 
業務の全工程を1人ででも完結できる
「1人ヴァリューズ」が目標

データマーケティング局 マーケティングコンサルティング1G アシスタントマネジャー

青木 成美 NARUMI AOKI

青木 成美  NARUMI AOKI

無償の愛で社員のことを想ってくれる会社は他にはない


学生時代にサークルの先輩に紹介してもらい、アルバイトとしてヴァリューズで働くことになりました。任せてもらったのは、分析チームのアナリストの仕事です。「そもそもマーケティングって何?」というところからスタートしましたが、このデータをどう読み解くのか、どう分析すれば良い結果が生まれるのかといった、大学の講義とは違う、実践的で面白い仕事にどんどんのめり込んでいきました。
充実した大学生活を過ごしていると気づくと3年生となり、ついに自分の将来を決める時期に。会社を選ぶ上で重視したのは、1人で色々な仕事に携われ、年齢に関係なく自主性を重んじてくれること。調査会社をメインに様々な業界をみましたが、最終的に入社を決めたのはずっとお世話になっていたヴァリューズでした。最も大きな理由は、3年半のアルバイト時代に肌で感じた社員を大事にする社風です。社員を育てる、大切にしてくれる会社は世の中にはたくさんありますが、親が子どもに愛情を注ぐように役員の方々が社員のことを想ってくれる会社は他にはないと思い入社を志望しました。





周りと連携しながらも、1人で仕事を完結できる力を身につけたい

入社後は主に広告代理店をクライアントとして任されています。広告代理店が大手メーカーなどのエンドクライアントに対して広告宣伝の時期や方法を提案するにあたり、ヴァリューズが保有するログデータを活用したいという依頼は非常に多いです。エンドクライアントの業界は様々で、各社が抱える課題も多種多様。相談を受けるたびに全く違う課題に対して、広告代理店とタッグを組んで解決策を提案し、エンドクライアントと広告代理店のビジネス両者に貢献できた時は何ものにも代えがたいやりがいを感じます。
ヴァリューズに入社した理由の1つは、裁量権が大きいこと。分析から提案まで1人で事業領域のすべてをカバーできる、「1人ヴァリューズ」が目標です。ただ、他のメンバーと協力したときに、各自の強みが掛け合わさることが最も効率的であることも真実であるので、たとえ業務の全工程を自力でできる力が身についたとしても周りと助け合いながらクオリティを高めていきたい。自分の目指す姿を実現している先輩も身近にいて、目標となる人がそばにいることも、成長していく上で幸せな環境だと思います。



Profile


青木 成美
データマーケティング局
マーケティングコンサルティング1G
アシスタントマネジャー


慶應義塾大学商学部、2018年新卒。趣味はキャンプと音楽で、1年に1度、新潟県で開催されるイベントにも精魂を注いでいる。音楽好きの社員も多く、社内イベントでバンドを結成し、演奏を披露したことも。仕事はあくまで「人生の豊かさを実現するための手段」であると考える。ヴァリューズでは学生時代からアルバイトをしており、知らない領域にまずは触れてみることの不可欠さを知ることができたと話す。

他の社員のインタビュー