≫Interview

意思決定のスピードと自由度の高さ。
これこそヴァリューズの強み

ソリューション局 システムソリューショングループ ゼネラルマネジャー

厚地 暁 AKIRA ATSUCHI

厚地 暁  AKIRA ATSUCHI

自分の理想の場所を突き詰めると、ヴァリューズに辿り着いた



「自分がやりたいこと」は、大企業にいなくても実現できるんじゃないかーって気づいてから、転職を考えるようになりました。
スケールの大きな仕事に携われるのは魅力かもしれませんが、スピード感持って取り組むには難しい場面も多くあったんです。

個人でもプロダクトを作って、広めていける時代ですが、組織やチームでサービス開発をする面白みは、「視点」と「共有」。
一人ひとり違う視点を取り込むことができるからプロダクトに磨きがかかるし、モノづくりの楽しさや達成感を仲間と共有できるって、やっぱり楽しいですからね。
それならば、すごい人たちと一緒に自分がやりたいことを手掛けたい…と思った時、浮かんだのが、以前一緒に仕事をしたヴァリューズでした。





ヴァリューズの「これから」を創れる醍醐味

入社当時のヴァリューズは、まだビッグデータの処理基盤が十分に確立できていませんでした。
この先10年ぐらいの長期で大量データを蓄積・管理するには、国内にある既存のソリューションでは実現できなかったんです。
そこで提案したのが、まだアメリカでしか導入されていなかった、高速かつペタバイト規模の処理ができるデータウェア。
決して安い買い物ではなかったのですが、説明したら納得してもらえ、日本にサービスインしたその日から利用できることになりました。
社内の意思決定は驚くほど速く、自由度も高い。これもまたヴァリューズならではの強みだと思います。






Profile


厚地 暁
事業開発UNIT
システムソリューショングループ
ゼネラルマネジャー


首都大学東京 人文学部卒。(株)NTTデータで10年以上システム開発に携わり、顧客接点を大切にしながらメンバーやプロジェクトをマネジメント。その経験を活かし、ヴァリューズではデータ処理基盤の構築、新プロダクト開発も先導するなど、メンバーからの信頼も厚い。データをどう解釈すれば価値づけができるかを日々考えながら、最先端のテクノロジーを積極的に取り入れている。